ホワイト―ル 成分

肌に嬉しい成分とは?※5つの成分をご紹介!

ホワイトール 成分

 

ホワイトールの成分ってどんな成分から成り立っているのでしょうか?ホワイトールについては、サプリメントではなく医薬品になりますのでしみやそばかすにアプローチする効果も高いことを考えると、成分も高そうな成分が入っていそうですよね。

 

でも、その成分って安全なのでしょうか?もしもホワイトールの成分が安全ではない場合はちょっと危険ですよね。ここでは、ホワイトールの成分について詳しくまとめてみました。

 

ホワイトールの成分について

 

ホワイトールの主な成分は5つの成分から成り立っています。

 

L-システイン

しみ・そばかすにアプローチするだけではなく、体の疲れを改善する働きもあります。また、美白効果については、ビタミンCと一緒に摂取することで、さらに効果がアップすることが分かっています。

 

ビタミンC

L-システインの効果をアップさせるためにも、ホワイトールにはちゃんとビタミンCも配合されています。ではビタミンCにはどんな効果があるのかというと、皆さんご存じの通り高い美白効果があります。

 

ビタミンCは更に、強いコラーゲンを生成する働きもありますので肌をプルプルにさせます。

 

 

ビタミンB2

皮膚の肌荒れを防止するために、粘膜を強くしてくれる効果があります。また、体内に摂取することで口内炎改善にも役立ちます。

 

ビタミンB2の嬉しい所は、ダイエット効果としては脂肪を燃焼させる働きもある所です。そのため、ダイエットとしても嬉しい効果を発揮します。

 

ビタミンB6

糖質が足らない時にはエネルギーとして役立ちますし、皮膚は健やかな皮膚を作り出します。

 

ビタミンE

ビタミンEは老化の原因でもある活性酸素を除去する働きがありますので、エイジング効果には欠かせない成分です。

 

以上が、ホワイトールの成分になります。

 

ホワイトールの成分は体に優しい?

 

しみやそばかすへの効果が高いので、珍しい成分が配合されていると思いきや、私達の体内に元々あるビタミン類が多く配合されていることが分かりましたね。そのため、ホワイトールの成分は体にも優しい成分から出来ていると言えます。

 

実際に、ホワイトールについては妊娠中や授乳中の人でも服用出来る程の医薬品になっているのです。

 

ホワイトールの成分のまとめ

ホワイトールの成分には何が入っているのかまとめてみました。ホワイトールの主な成分は下記の成分でした。

 

  • L-システイン(しみやそばかすへの効果大!)
  • ビタミンC(美白効果が高く、強いコラーゲンを作る)
  • ビタミンB2(皮膚の粘膜を強化する)
  • ビタミンB6(健やかな皮膚を作り、エネルギー源にもなる)
  • ビタミンE(活性酸素を除去してエイジング効果を助ける)

 

ホワイトールの成分は、ビタミン類が多く配合されていることが分かります。つまり、元々私達の体内に食べ物としてよく摂取している成分が配合されている訳なので、体にも優しい成分となっています。

 

妊娠中や授乳中の人でも服用出来るくらいなので、まずは試してみることをおすすめします。

 

>>ホワイト―ルの詳細はこちら